So-net無料ブログ作成
検索選択

友人の月命日 [人生観]

三連休初日の今日22日は7月に急逝した友人の4回目の月命日なので、遺影の横に季節の花束を手向けました。

2014 11 22.jpg

友人が好きだった藤代清治の「影絵集」の、2014年のカレンダー「遠い日の風景」から、

夜空に瞬く色とりどりの花の輝き。

咲いては消え、

消えては咲いていく幾重にも、いつまでも。

花の雫が水面に映えて光と影が手を結び、

色の数ほど想いは募りフェニックスが甦る。

連綿と語り継がれていく

遠い日見つめた風景は、

希望への掛け橋になり、

勇気と溢れる夢を願い続ける。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

遠い日の風景から [人生観]

10月29日はかけがいのない友人が亡くなってから百箇日でした。強い喪失感と悲しみはまだ癒えていませんが、一頃と比べると少しずつ平常心を保てつつあります。

画像は8月2日に行われた花火大会を、バルコニーで観ながら写したものです。

2014 8 2 花火 A.jpg

2014 8 2 花火 B.jpg

友人が好きだった「藤城誠治 影絵集」のカレンダーの表紙、「遠い日の風景から」

山々の薄墨霞む稜線から

今日もまた太陽は昇り

太陽の優しい導きに誘われて

美しく力強く天高く尾長鶏が舞い踊る

季節は移ろい過ぎ去ろうとも

夜は必ず明けてゆき

瞼を閉じれば心の扉の中で鮮やかなに甦る

遠い日の懐かしく温もりのある風景は

決して色褪せぬ一生涯の宝物

2014 8 2 花火 C.jpg


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽