So-net無料ブログ作成

時計台のある街 [札幌の想い出]

「時計台のある街」は、札幌へ赴任していた1979年当時にSTVラジオで紹介されていた曲でした。当時はまだ曲のタイトルも決まっていなくて、当時札幌放送局のアナウンサーだった喜瀬浩さんがデモテープで収録した物が流されており、サウンドもドラムとベース、キーボードのシンプルなGSサウンド風でした。後にストリングスを入れた楽曲がリリースされたのでした。
喜瀬浩さんの「声は人なり」に「人を思いやったら言葉を選ぶ」と言う表現がありました。「人を大切にしようとしたら、その人のために言葉を選ぶでしょ。」と!

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。