So-net無料ブログ作成
検索選択

時計台のある街 [札幌の想い出]

「時計台のある街」は、札幌へ赴任していた1979年当時にSTVラジオで紹介されていた曲でした。当時はまだ曲のタイトルも決まっていなくて、当時札幌放送局のアナウンサーだった喜瀬浩さんがデモテープで収録した物が流されており、サウンドもドラムとベース、キーボードのシンプルなGSサウンド風でした。後にストリングスを入れた楽曲がリリースされたのでした。
喜瀬浩さんの「声は人なり」に「人を思いやったら言葉を選ぶ」と言う表現がありました。「人を大切にしようとしたら、その人のために言葉を選ぶでしょ。」と!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント