So-net無料ブログ作成
検索選択

十五夜 [Artist]

昨夜は十五夜で晴れた東京の夜空に中秋の名月を愛でながら、私が大好きな作曲家である弦哲也の、2005年3月にリリースされたセルフカバーのアルバム「弦点回帰~弦哲也自作自演集~」を聴いていました。秋の夜長のお供はというとケンタッキー・ウィスキーのソーダ割りと、つまみは日本橋高島屋のフォションのガーリック・ラスクですが、フランスのフード・ブティックFAUCHONが日本橋高島屋にオープンして以来、30数年前から購入しているフォションのパンはワインやビールにも合います。

弦哲也.jpg

「天城越え」も「北の旅人」も「いそしぎ」も、作曲者ご本人による歌唱の方が最高です。


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 8

コメント 2

yu-papa

い~ぃ曲ですね~
聞き惚れてしまいました(^^)

by yu-papa (2013-09-24 20:25) 

tateichi_m

yu-papaさん、コメントをありがとうございます。
女心の機微を描いた演歌の作詞は荒木とよひさなど、
殆どが男性作詞家で、
作曲家も殆ど男性なので、セルフカバーの方が聴く側にもその感性が伝わります。
by tateichi_m (2013-09-24 23:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。